31 石楠花咲く春の蒜場山(2008年5月18日)

 天気は申し分ないのに、どことなく霞がかかったように朧な景色である。
こういう現象を春霞と呼ぶのであろうか。
新潟もすっかり春に装いを改め、ややもすると初夏を思わせる陽気となっている。
こんな日はどこの山がいいのだろうと思考を巡らせた。
残雪の飯豊をのんびり眺めるのが最善のような気がした。
そして、昨年はついぞ会えなかった石楠花の花を愛でながらの山歩きも調度旬じゃないかなと思い至った。
それならば蒜場山(標高 1,363m)、手頃な山じゃないか。
蒜場山は新発田市の東南に位置し、二王寺岳と並んで新潟県側の飯豊前衛の山である。
新潟から車で1時間と少しで行ける近い距離にあり、登山道ができたのは比較的新しいものの、しっかりした登山道ができており容易に行ける山となった。
石楠花は思ったほどの群生は無かったけれど、それでも岩岳、烏帽子岩周辺には白やピンクの花がきれいに咲き誇っていた。
頂上からの展望も素晴らしかった。
飯豊の稜線を遮るもの無く見渡すことができ、春霞とは言っても、その迫力はすごいものであった。
花を愛で、飯豊を飽かず堪能したゆったりとした1日であった。

          遮るものの無い飯豊の大パノラマ_実際の迫力は写真の15倍くらいでした
画像


     歩いた軌跡
画像

     TP積算距離      :約11 Km
     総上昇量        :約970 m
     総所要時間(休憩含):約7H30分
                   (登り約3H20分、下り約2H50分、昼休憩約1H20分)
     行  程
加治川治水ダム7:05-7:09登山口-8:24岩岳-9:14烏帽子岩-10:14山伏峰
          -10:25蒜場山11:42-11:54山伏峰-12:38烏帽子岩-13:23岩岳
                               -14:25登山口-14:32加治川治水ダム

          いきなり急登の連続、一息ついて見上げると飯豊に続く稜線が
                  あの山は、昨年秋に登った赤津山、苦しい山だったナァ~
画像


               早速現れましたシャクナゲさん、きれいなピンクでお出迎え画像画像



















               仰ぎ見る烏帽子岩(右)と蒜場山(中央左の残雪を抱くピーク)
画像

画像

   烏帽子岩頂上
   北西斜面にはシャクナゲの群生
   しかし、近寄り難き絶壁

   蒜場山の山頂
   秋には紅葉が見事です
 

画像














画像


画像


画像


               烏帽子岩北西斜面の石楠花の群生_近寄れない場所です
画像


画像画像














               右、大日岳から北に連なる飯豊の稜線
画像


               北股岳(右)から門内、地神と続きます
画像


               大好きな山、北股岳_圧倒的なボリュームです
画像


            二王子岳、前衛峰と言うより飯豊の一翼を担う立派な山です
画像


            大日岳の勇姿、こちらからは西大日岳かな、大日と飯豊本山はその後ろ
画像


            下山ルートです、勿論歩いて来た道。右中央に加治川ダムも見えます。
               中央が俎倉山、馬ノ髪山、その奥に五頭連峰

画像


         キジムシロとスミレ お花には事欠きません。
         雪融け跡にはカタクリやイチゲ、ショウジョウバカマ、イワウチワ、イワカガミ

画像


            ご存知ナナカマドの芽吹きです。秋の紅葉も素晴らしい山です。
画像


            そして言うまでも無く、残雪に映えるブナ林、もうたまらない趣です。
画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

KEN
2008年05月21日 21:12
漢字強いつもりですがなんと読む山ですか?相変わらず精力的に山行されてますね!! 私と違い花に詳しくことさらロマンチスト文章に人格が表れてます。ブログ見るたび啓発されてます。こんな山男が仲間に居ること自体が嬉しい限りです。そして素晴らしい写真!!次回も期待してます。
2008年05月21日 21:46
KENさん 今晩は!
びっくりしました。こんなに早く見てくれる人が居るなんて。
ようやくブログアップが終わって、ホッと一息、肩の荷を降ろしたところにコメント1件、嬉しいですね。
蒜場山は“ひるばやま”と読みます。吸血鬼の蛭ではありません。ユリ科ネギ族の植物の蒜です。
この山、ちょっと厳しいですが、静かで良い山です。
秋の紅葉もまた素晴らしいものがあります。
是非一度登ってみて下さい。
2008年05月21日 23:12
 当日、飯豊本山山頂から蒜場見えていましたよ。蒜場山はダムの登山口まで車は入れるようですね。山中、ホント石楠花が見事ですね。猿の群れに会いませんでしたか?。猿が怖くて30分ほど足を止めて、群れが去るのを待っていたことがあります。
2008年05月22日 05:53
テントミータカさん おはようございます。
飯豊でしたか、天気が良く何よりでした。
今年は雪融けが早いので何の支障も無く車が入れます。
今年、ようやく石楠花を見ることができました。群生とまではいきませんが、岩岳から烏帽子岩にかけてきれいに咲いていました。
お猿さん居ましたよ。一度は、突然、薮ががさがさと動いたのでびっくりしました。赤谷界隈は野猿の宝庫?ですね。
赤鬼
2008年05月22日 06:57
毎年、一度はこの山に行ってるが、今年はまだ行ってない。昨日菅名に昇りながら、山いろいろ氏と行こうかと、話をしたばかり。山頂からの飯豊の眺めは
素晴らしいよね。特に大日の迫力には圧倒される。秋に会山行もあるよね。
甘納豆
2008年05月22日 08:14
赤鬼様 おはようございます。
コメントありがとうございます。
菅名岳のメール便見ましたよ。
T氏を誑かして行って来た。美女3人連れてとありましたね。T氏は誰だろうと思いましたが山いろいろさんでしたね。さて、美女3人とは誰でしょう。
私は一人寂しく石楠花と話をしていました。
春霞でしたが、近いので、飯豊の眺めが素晴らしかったです。
次の休みに是非どうぞ。
2008年05月22日 12:35
蒜場山はいつでしたか?数年前、初めて赤鬼様リーダーの山行で行きました。
なかなか登り応えのある山でした。
山頂には雪で、雪原にシートを敷いて昼でした。
私も今年、一人寂しく(笑)行こうかな~~~
里山のんびりばっかじゃね~~~^_^;
2008年05月22日 19:16
今晩は。
蒜場山は飯豊の絶好の展望台と聞いていましたが、素晴らしい景色ですね。
そちらでも、石楠花の咲く季節ですか、初夏ですね。
北股岳行ったことが無いのですが、私も大好きな山です。
この日はこちらは一日中霧雨の降る、梅雨の前ぶれののような一日でした。
先日骨折してしまい、暫らくは山には行けませんが、blog楽しみにしています。
2008年05月22日 21:08
noritan様 こんばんは!
noritanが一人寂しくと言っても誰も信じません。
たとえ一人で行っても、会う人毎におしゃべりし、友達になってしまうのですから。noritanの行く山全てたちどころに賑やかになってしまうのです。
私も鬼さんの山行で蒜場山に登ったことがありますが、もの凄い風と雨で途中撤退、この写真に写っているブナ林で傘を差しながらおにぎり食べたことがあります。それも楽しい思い出です。
2008年05月22日 21:21
インレッドさん 今晩は!
昨年、石楠花には縁が無かったので、今年こそはと出かけてみましたが、そこそこ咲いていました。良かったです。
昨年のインレッドさんのブログにすごくきれいな石楠花の紹介がありましたが、恐らくその印象が頭に残っていたものと思います。
その石楠花ほどではありませんでしたが満足して帰って来ました。
明後日は会山行で権現堂山に登りますが、稜線のアズマシャクナゲを期待しています。
ところで、骨折? ですか。どんな状態か分かりませんが十分に養生なさってください。
インレッドさんのきれいな山レポが見れなくなるのは寂しいですが、復帰を楽しみに待っています。
yukitubaki
2008年05月22日 22:09
こんばんは、
甘納豆さんの蒜場山からの映像に見入ってました。
18日に石転び沢~北股岳に行ってました。
当日の飯豊連峰の様子がUPされていて・・・ジィーと見つめて、ため息ついていました。 飯豊がだぁ~ぃ好!なんです。
蒜場山には、一度しか登ったことが無いので、またトライする意欲が湧いてきました。
ヨーシ!蒜場山に、トライ!!決めました。

映像の素晴らしいこと!絶品ですネ?! 



2008年05月22日 22:43
手ごろな山?? きついと思ってます。
何年か前に登った時ですが、帰りに雨が降ってきて
残雪のブナ林に霧がかかって、周辺が緑紫色になりました。
あれは何だったのでしょう。
2008年05月22日 23:08
yukitubaki様
写真お褒め戴きありがとうございます。
石転び沢~北股岳のルートは良いルートですね。
石転び沢の雪の具合は如何でしたか。今年は雪融けが早いようなので、折角の大雪渓もやせ細っているのかななどとも思っています。
蒜場山も飯豊の一角ですので是非トライして下さい。
2008年05月22日 23:15
いめか様 今晩は!
いめかさんの蒜場山の思い出も強烈な印象だったのですね。
何か幻想的な風景が目に浮かぶようです。
霧や光線の具合がどうだったか分かりませんが、ひょっとしたら珍しい現象に遭遇したのではありませんか。いい経験ですね。
輝ジィ~ジ
2008年05月23日 11:11
相変わらず積極的な山行 脱帽です。
其のPOWER分けて下さい。
2008年05月23日 19:46
輝ジィ~ジ様 今晩は!
何をおっしゃるジィ~ジさん。
ジィ~ジと相方さんのバイタリティーとパワーには皆驚嘆の声を上げていますよ。
私なぞは、少しでもあやかりたいとただもがいているだけです。
いつまでも元気で活躍してください。
2008年05月24日 22:54
蒜場山 懐かしいです。 私は2回しか登っていませんが 1回目は大分昔残雪を利用して テント泊で(まだ 道ができていない頃 今のコースとは違うコース)雪の上の すばらしいブナの中でのテント泊 色々なことを教えてもらいました。
次は秋に 友だちを誘って2人で(新しい道が出来たので 登りましたが 一緒に登った友がもう2度と 蒜場は 登らないと音を上げた思い出があります。)
石楠花が咲く頃 飯豊を見に登るの 良いですね。写真を見ていたら
また 行きたくなりました。とっても素敵な景色ですね。

 
2008年05月25日 09:27
サラダさん おはようございます。
コメントありがとうございます。
蒜場山、少しマイナー的な山ですが、その分山の雰囲気を味わえる良い山です。
正直、30年のブランクの後、山を再開するきっかけになったのがこの山です。
当時(6年前かな)、身体は疲れ気味、今で言うメタボ状態で体調も思わしくありませんでした。
気分を晴らすため、赤谷の奥までドライブしましたが、その時何気なく目に付いたのが蒜場山登山口の看板でした。
今でも山に登れるのかな?とふと頭をよぎり、翌週あり合せの格好で蒜場山に登りました。
どのくらい時間がかかったか覚えていませんが、とにかく頂上に立ちました。調度紅葉の時期、飯豊の展望とあわせて山へのスイッチがONになった思い出の山です。
そのせいか分かりませんが、時々思い出したようにふらりと出かける山になっています。
いっちゃん
2008年05月25日 12:56
蒜場山は甘納豆さんの山再会ONになった山でしたか~★
ここは私も山再会して行きたくてメグさんという人に頼んで、行ったのが3年前でした。ゲートが開いていくとシャクナゲはすでに終わっていました。
でもこの山はな~んとお花のたくさんある山でしょうと感激したものでした。
イワカガミ・カタクリから始まって、ヒメサユリ・シラネアオイ・ツバメオモト・コバイケイソウはまだつぼみだったでしょうか?
6月だったので、当時の写真をみるとヘロヘロした顔をしていました。
登りがいのあるいい山でした。飯豊もデ~ンですよね!
2年続けて行ったのですが、昨年は行けずでした。この18日に山パパもここに行ったようです。花情報がきました。私も今年は行ってみたいです~・・・
私事ですが、明日は御前ヶ遊窟の予定でしたが、天候がくずれてきているので、中止かな~・・・と、いって蒜場もきつそうだし、ヒメサユリ鑑賞かな~(^-^)V
きれいな写真、ありがとうございました!
2008年05月25日 21:16
いちゃん こんばんは!
蒜場山は少々きついけどいい山ですね。春と夏ははお花、秋は紅葉と楽しませてくれます。冬は行ったことがありませんが、飯豊連峰縦走の入口にもなっているようですね。
それにしても、いっちゃん元気ですね。明日、どの山になるか分かりませんが存分に楽しんで来て下さい。
本読みと山歩き
2008年05月26日 05:31
今晩は。
石楠花(に似た花?)はこっちでも街中に咲いています。
庭の観賞用としててんこもりで咲いているので驚きです。
「北股岳(右)から門内、地神」の写真いいですね。
この季節、雪形の季節ですが、この山も里から近くに見えればたくさんの名前が付けられたでしょうね。
そうやって見るのも楽しいものです。
甘納豆
2008年05月26日 08:25
本読みさん おはようございます。
お忙しいところコメントありがとうございます。
ヨーロッパはお花にかなり熱心ですので、石楠花も改良して素晴らしい園芸品種ができているのでしょうね。
家々の庭やベランダに咲いている鮮やかなお花が目に写るようです。
飯豊の雪形は、福島県側からは名のあるものがあるようです。
日本海側の偏東積雪の影響で雪の量は福島県側の方が多いのです。(冬の強い北西風に飛ばされて、雪が山の反対側に多く積もる現象)
そのため、残雪も多く、はっきりした雪形が現れるのでしょうね。
ジョニィー
2008年05月27日 10:13
こんにちは。始めまして、ジョニィーと申します。
只今、庭で石楠花が満開なモノですから、検索しましたところ、こちらのブログと繋がりました。
こちらもブログを開設していれば、写真を送りたいと思っておりますが、
無理だと思います。
2008年05月27日 20:06
ジョニィー様
ご訪問ありがとうございます。
石楠花きれいですよね。
山ではいろんなお花に出会いますが、この花は、その艶やかさ、優雅さで一段とみる人を魅了します。
ジョニィーさんのお庭は石楠花が満開でさぞかし見事でしょうね。
よろしかったらまたお越し下さい。
トッコ
2016年02月24日 16:51
石楠花とっても素敵!
越後はとっても遠いけど、大昔は八千矛の神様なんかアッサリ高志の国まで妻問いに行くんだから・・・
登山は大好きですが、脚がすぐ棒になるので、ヨタヨタ登っていると、
通称磐男の彼がオンブしてくれますふふふ(笑)
きっと八千矛の神様も、頑丈で頼もしい男だったのかもね。
近畿には高い山は少ないけれど、登山はとても好き!
登りきった達成感の心地よさが好き!
いつの日にか越後の山やまにも行ってみたいものです。






この記事へのトラックバック