11 旧草津街道を歩く

 
 少し日にちが経ってしまいましたが、珍しい山歩きでしたので記録を兼ねて紹介します。

画像
                 切明のこんな素晴らしい林道歩きから始まりました。


 6月13日、会山行「旧草津街道」に参加してきました。このルートがあることは、以前、苗場山から佐武流山の縦走あるいは白砂山に登った時に知っていました。いやむしろ、いつか佐武流山から白砂山を縦走しこのルートを戻ってきたらどうだろうと思ったことがありました。白砂山登山口は新潟からは遠いのです。結果的には道の無い過酷な縦走路と旧草津街道の距離の長さに怖気づいて未だ実現はしていません。
 そうこうしているうちに、このルート「旧草津街道」が会山行として企画されましたので我が意を得たと、もろ手を挙げて参加したのです。

 まずは歩いた軌跡とデータを紹介しましょう。

画像
          便宜上地図を横にしています。左が北です。

      歩いた距離 18Km、累積標高 +1700m、-1100m、最高点-最低点の標高差940m
      休憩含む行動時間 8.5時間


 行  程
切明林道入口(8:45)…吊橋(9:05)…トネクラ沢(スノーブリッジ)(10:00)…馬の背トンネル(10:40)…第一トンネル(12:05)…渋沢ダム・昼食(12:20-13:00)…百二十曲り(急坂)…西大倉山(14:50)…イタドリ沢(15:30)…最高点(1808m)(15:55)…地蔵峠(16:50)…ハンノ木沢(17:10)…白砂山登山口(17:20)

 どうです、データを見る限りこれが旧街道を歩くというイメージとはかけ離れていることが分かりますね。正直、本当に疲れました。旧草津街道を歩く、これは立派な山登りなのです。
 大きく分けますと、渋沢ダムまでの前半は、東京電力のダム点検路として整備されたほゞ水平な道、ダムから野反湖までの後半は、西大倉山(1748m)の標高差700mの急坂(百二十曲り)を一気に登る過酷な山登りで、その後も3つの大きな上り下りがあります。

画像
          ほどなく魚野川の吊橋を渡りましたが、ワイヤー補修工事を2日後に予定しているとのことでした。

 そもそも、「旧草津街道」とは一体どういう道なのでしょう。いろいろ調べてみましたが、あまり詳しい記述はありません。
 一般に草津街道と言うと、上州草津町と信州中野市を結ぶ街道と越後津南町から信州秋山郷を経由して上州草津町を結ぶ街道の2種類あるようです。あるいはこれが1本で繋がっていたのかも知れません。
 地図を見ると、津南町から秋山郷に通ずる国道405号線は切明で切れており、一方群馬県の野反湖側にも国道405号があります。この途切れている幻の国道405号が、群馬県野反湖から魚野川を切明まで北上する道で、これが「旧草津街道」と呼ばれるようなのです。

画像
             吊橋から200mほど登ると黒部“下の廊下”のような水平道になります。

 さらに調べてみました。次のような記述が2つ見つかりました。

 栄村秋山郷観光協会のHPに「幻の国道405号とも呼ばれ、切明温泉手前の国道405号終点から魚野川沿いに、群馬県の野反湖に至るルートです。未開のルートであったことから、近年脚光を浴びています。ルート整備も行われていますが、アプローチが長いため、中級、上級向きのコースとなっています。」

 苗場山麓ジオパークの紹介の中に「草津街道は、中津川に沿って南北に走る街道です。中津川と信濃川が合流するところから、中津川の源流である野反湖・草津温泉まで続いています。見倉トンネルの外側(中津川側)に道のなごりが確認されていて、和山の大畠からは、エラクボ平の下を通り、檜俣川を渡り、九十九曲がりを上り、佐武流川を渡って、渋沢まで進み、山道に入って野反湖までの道のりです。和山の街道入り口には、「安政三年辰八月」の彫りのある馬頭観音がたっていたそうですが、現在その馬頭観音は、和山の観音堂に安置されています。かつては、信濃川の鮭を草津温泉まで運ぶために、多くの往来があったと言います。鈴木牧之は、この草津街道を通って見玉から湯本(現在の切明)まで旅をしています。また、中世には、官道・軍道として、日本海(上越市高田)から関東地域へ抜ける重要な街道であったと考えられています。」

 まだまだ分からないところだらけですが、江戸末期の文人、鈴木牧之の「秋山紀行」や「北越雪譜」を紐解けば、もっともっと往時を偲ぶことができるものと思います。

 以降は写真で綴ります。

画像
              水平道とは言え、崖っぷちの道、ところどころ崩壊もしています。

 「旧草津街道」は訪れる人は少なく、この日あったのは、2人連れの登山者と河原にテントを張っていた釣り人だけでした。釣り人からは、この先スノーブリッジがあり、しかも痩せているので注意するようにと貴重なアドバイスが聞けました。山での情報交換は貴重なものです。静かな静かな街道、夏蝉が姦しく鳴いていましたがこれは自然の一つ。

画像
画像
             今どきの雪融けは急激です。心配したスノーブリッジも無事通過。

画像
          トンネルをいくつか潜りますが、これは東電の作ったもの、昔の街道ではありません。

画像
                  ヤマツツジの下をどんどん歩きます。

画像
        こういう道は楽しいのですが、全体的に結構切り立った崖のヘツリ道、細心の注意が必要です。

画像
                タニウツギがちょうど見ごろ、ピンクの色が鮮やかでした。

画像
画像
           馬の背トンネル、ここは通行止め。大汗かいて登り返しましたが、それが本来の道。


画像
画像
               沢もたくさん渡りますが、その都度のアップダウンが堪えます。

画像
画像
                    タニウツギ見ながらの水平道。

画像
                  渡渉は大変ですが、暑い中の貴重な水場でもあります。

画像
画像
                  ほぼ中間点、渋沢ダムに着きました。無人のようでした。

画像
画像
             濃い緑に真っ白なヤマボウシ、ここで昼食、前半の疲れを癒します。

画像
             後半戦も吊橋から始まりました。本格的な山登りの始まりです。

画像
画像
画像
             疲れているのに午前中よりはるかにきつい上り下り、堪えました。

画像
                  ようやく野反湖が見ましたが、まだまだ遠い。

画像
               べったり座り込んで動こうとしません。もう一息頑張れ!

画像
画像
                  地蔵峠。白砂山への分岐点になっています。

画像
                  さあ!バスの待つ野反湖がすぐそこに見えます。

画像
               終点の白砂山登山口に到着、本当に本当にご苦労様。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 34

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2015年06月30日 04:22
お疲れ様でした!
私は数年前に白砂山に登った時には三県分岐に立つ山と言うことで興味を抱き、そして野反湖、その先は秋山郷 切明温泉と言うことを頭にインプットしていましたが、旧草津街道を言う名称も知りませんでした。
机上で地図を眺めていると国道は地蔵峠で切れているけれど歩く道は繋がっているのだなぁ~~と思っていました。
今回の珍しい山行はとてもハイレベルで私は歩けませんので、とても参考になりました。
7月には野反湖へ行きますので、皆さんの歩いた軌跡の片鱗を覗いてきます。
甘納豆
2015年07月06日 00:08
noritanさん
コメントありがとうございました。
レス遅れて本当に申し訳ありません。
白砂山、野反湖、興味のあるロケーションですが新潟からは遠いですね。
この草津街道も普通の街道だったら、もっと開発が進んでいたでしょうに、何分山越えの難路、今でも大変ですので、往時はなおさら大変だったと思います。
野反湖のトレッキング、楽しんで来てください。
甘納豆
2015年07月06日 00:13
カスミッシモさん
気持玉ありがとうございました。
家庭菜園の野菜、すっごくおいしそうです。
ぼんくら
2016年10月11日 16:47
たいしたもんです.
野反湖を歩くこと自体素晴らしいです
これからの益々のご活躍を祈念いたします。
うすっらばか
2016年12月29日 17:09
甘納豆様今年も素晴らしくご活躍されておられます事
敬意を表します。豊富な経験と桁外れた体力、洗練された
巧みな話術で多くの岳人を育てて日本の山岳会の発展に
寄与して下さい。
やじろべい
2017年01月03日 15:56
山の天才甘納豆様とても人間技とは思えない
ご活躍恐れ入りますこれからも優れた技術と
手繰れまれない話術で日本の岳人達を育てて
下さい。
まだらボケ
2017年02月25日 14:03
コメント遅れまして申し訳ありません。山の天才山甘納豆様は
カモシカのような、しなやかな足腰で野山を駆け巡っておられる
お姿が目に浮かびます。これからも日本の山岳会のために優秀な岳人を
育てて下さい。
いかれポンチ
2017年03月19日 15:23
頭の回転が狂ってるよ
馬鹿丸出しで恥ずかしく
ない。いい加減に隠居しなさい。
いかれポンチ
2017年04月05日 18:48
馬鹿丸出しくたばってしまえ
うっすらバカ
2017年04月17日 15:51
馬鹿丸出し
くたばってしまえ

この記事へのトラックバック