テーマ:雑感

29 わらアートまつり(2013年9月1日)

 今年も行って来ました、西蒲区(新潟市)の風物詩、わらアートまつり。  西蒲区(旧西蒲原郡)は、広々とした田んぼの風景が特色だ。秋になると、見渡す限りに黄金色の稲穂が広がる。その膨大な稲わらを使用して、上堰潟公園に、大小さまざまなオブジェ(わらアート)を制作し展示するのがわらアートまつりなのだ。           …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

28 孫と遊んだ2日間(2013年8月24~25日)

 盂蘭盆(うらぼん 旧盆)が過ぎた今になって、娘と孫が帰省してきた。何故かななどとは思わないことにする。少し大変だけれど、来てくれれば嬉しいし、孫の成長の様子も楽しみだ。当初は巻機山割引沢の予定だったが、残雪多く時期尚早と断念した。バイトの予定も入れてない。空白の週末を埋めるまさにジャストタイミング。  どこへ連れて行こう…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

31  8月の追想

 8月は全くブログから遠ざかっていましたが、結構忙しく充実した1ケ月でした。  まだまだ30℃を超す暑さが続いています。そして日本のどこかが、雷撃や集中豪雨に見舞われたかと思うと、渇水に悩む地方もあるのだという。  お彼岸が来れば、このさしもの猛暑も一段落するとは思いますが、長い夏の後の短い秋を迎える前に、空白だった自分の8…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

10 街中の雪景色(2012年2月17~19日)

 いつもは野山の雪景色を求めて彷徨していますが今日は街中の様子を紹介します。 17日、18日と長岡市に所用があり出かけて来ました。 新潟~長岡は北陸自動車道を使えば、いつもは1時間もかからない距離です。 17日、10時半に着きたいので新潟を9時半に出発しました。ところが、ラジオのニュースで新潟付近雪で視界不良のため高速道路通行止め…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

53 冬の日本海(2011年12月25日)

 北海道上空に2つ玉の低気圧、今冬最大の寒波到来。??? さぞかし大雪と思って、今週末はお家で沈殿。しかし、今のところ新潟市内は積雪ゼロ。 ま、こんなもんだと思いますよ。 降ると思う時はさっぱりで、降ってほしくない時にはどさりと来る。 大自然の気紛れなのでしょう。 でも、きっと降っているところには降っているのだと思います。自分…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

34 信濃川が海に注ぐところ

 今回の豪雨は、7年前の新潟・福島集中豪雨の降水量を上回ると言う。少し地球はおかしいんじゃないのと言いたくなるようなおかしな天候です。  新潟市には2つの大河が海に繋がっています。信濃川と阿賀野川です。そのどちらも今回の豪雨で各地で洪水警戒水位を超えているのです。                濁流と共に沢山の浮遊物を運ぶ信濃川…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

17 桜前線北上中(2011年4月24日)

 昨日の雨で新潟の桜は散り始めました。 お花見らしいお花見もせぬままに通り過ぎていく桜前線。 でも 日本には驚くほど沢山の桜の木があります。 この時期 そこかしこに、否が応でも目に入ります。 知らず知らずのうちに 桜を愛で、お花見をしているのかも知れません。 20日から23日までの新潟界隈の桜、森山直太朗の歌詞に載せて紹…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

12 鳥屋野逆ダケの藪(2011年3月20日)

 この度の東日本大震災は、発生から既に九日目を迎えるというのに未だに収束の目途も立たない状況です。 自然の猛威に対し、いかに人間が無力であるか、また人智が築いた科学の脆さをもろに露呈した形となっています。 そんな中で、今日、9日振りに二人の方が救助されたと報じていました。 渾沌と不安の中で一縷の光を見た思いです。 人の命の尊さと…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

3 降り止まぬ雪_雑感(2011年1月9日)

  “新潟雨でも五頭は雪” これは昔、新潟市に一番近いスキー場のキャッチフレーズでした。今は廃墟となって久しくなります。 その昔、下越の平野部にももっと沢山雪が降り、積もっていたように記憶しています。当然五頭山のスキー場にもふんだんに雪があり、新潟市民の格好のレクレーションの場であったのです。当時はスキー愛好者も多かった。 そのス…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

57 ザ・サムライシネマ

 この秋から年末にかけて、サムライシリーズなるものが映画館で上映され、また、上映されている。 普段、それ程映画を見るわけではないけれど、この5本の映画には何か惹かれるものがあった。 その5本とは、   ・十三人の刺客   ・桜田門外ノ変   ・雷(Raiou)桜   ・武士の家計簿   ・最後の忠臣蔵 である…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

54 新潟あれこれ(2010年11月20~23)

 とりとめも無い4日間の点描です。 22日は早くから休暇を取っておりましたので、自分にとっては大型連休でした。 でも、どこへ行く当ても無いのんびりとした4日間でした。           白山公園の紅葉、ほとんど散っていて残っていたのはここだけでした  20日は新潟としては珍しいすごく良い天気。 今の自分に登れる山…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

51 新潟のランドマークと里の秋

 今年の日本シリーズは壮烈な戦いでした。今終わりました。 千葉ロッテと中日ドラゴンズ、連夜の延長線の末、千葉ロッテマリーンズに軍配が上がりました。 まさに死力を尽くしての戦いでした。どちらにも勝たせてやりたい熱戦でした。 おかげで寝不足、本当はブログどころではありません。 新潟のランドマークと里の秋 6日土曜日と立…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

50 クリアーな秋の空(2010年10月31日)

 日本列島を縦断するかのそぶりを見せて、 日本中をハラハラさせた大型台風14号も東海上を北上して離れて行った。 台風一過の晴天とはいかなかったものの、 ここ新潟も雨上がりの澄んだ空気が田畑を覆い、街を覆って、クリアーな視界を見せていた。 つられるように外に出た。 遠くの山々がくっきりと見える。 新潟からは、実に沢山の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

49 にぎわい市場ピアBandai(2010年10月23日)

 新潟在住の方なら既にご承知と思いますが、新潟市中心部を流れる信濃川の河口部、中央区万代島の旧新潟魚市場跡地に「にぎわい市場 ピアBandai」が22日にオープンしました。 キャッチフレーズが 日本海側最大級の旬鮮市場! 日本海の獲れたて鮮魚から産直野菜、旬の果実、おいしいお肉に越後の米や銘酒まで 欲しいものが全部揃う にい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

46 昨日・今日(2010年10月3日)

 透き通るような秋空、昨日・今日は所属する山の会(新潟楽山会)の35周年記念登山の日でした。 自分は2003年に入会しましたので、まだ8年生でしかありませんが、まだ登山がブームと言われるほどでもない時に発足して35年にもなるのですから立派なものだと思います。 日々増減はしておりますが、現在の会員数は約510名です。1つの山同好会でこ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

43 二王子岳撤退、ある日の雑感

 週末の土日と休暇を頂いた月曜日、無為に過した3日間であった。 「無為に過す」とは、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」の家の中に座右の銘として貼ってある言葉である。 深い意味は知らないが、別に悪い言葉でもなさそうだ。 自然にまかせて、ゆったりと暮らす、いわば人間らしい生活を送るとでも言うのであろうか。 しからば、自分の過したこの3日…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

54 今日の日本海(2009年12月06日)

 忘年会シーズン、ちょっと飲みすぎたかな。 目覚ましは5時にセット、これは半ば習慣かも知れない。しかし、起きられない。 ザックや靴はいつでも出かけられるようにスタンバイOK。 しかし、外は暗く、風の音が強い。         今日の日本海。 左奥に角田山がうっすらと見えてはいたが。  土曜日は何とか山にも行けそうな…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

27 近況 & 雑感 (2009年6月23日)

 ブログを見ぬまま、瞬く間に2週間が過ぎてしまいました。 生活のリズムというものは恐ろしいもので、順調に流れている時は何も意識をしなくてもすんなりと進んで行きますが、ひとたび乱れるととりとめもなく彷徨ってしまうもののようです。 難しく考えず、自己のメモリーとして自然体で記します。         民宿での夕…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

60 朱鷺の舞う島_佐渡への思い(2008年11月29日)

 この時期に佐渡を訪れる人は少なくなります。 海は荒れるし、天候も晴れる日は数えるほどしかありません。観光には適さず、島民のみの冬眠状態になる静かな時期です。 そんな中で、この日は頭上一面に青空が広がる、少し遅いけれど小春日和のような良い天気に恵まれました。 新潟を出港する時はまだ夜明け前の暗闇でしたが、がらんとした船室で一眠りし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

48 新潟ライブ映像(2008年9月7日)

 これが新潟市の午後3時のライブ映像です。 どんよりとした曇り空、今にも雨が降りそうな気配。 晴れて空気が澄んでいる時は、この真ん中に鳥海山が見えるのです。  ここは、信濃川の氾濫を抑えるために造られた関屋分水の海に注ぐ場所、関分記念公園です。 この分水により洪水の心配はなくなりましたが、新潟の市街地は水で区切られ、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

12 冬の風物詩_岩海苔採り (2008年2月11日)

穏やかな夜明けであった。 風の音もせず、遠くの山が白くくっきりと浮かび上がっていた。 こんな日ならどこの山でも行けそうな気がした。 みんなもきっとあの山この山と出かけたのだろうなと思った。 あまりにも静かな朝、そしてこの上ない晴天。 波の無い静かな海、そうだ岩海苔採りの絶好な日和じゃないか。 今日は海にしよう。 という訳で…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

10 水の都_新潟(2008年2月3日)

 新潟と言えば雪と誰しも連想するかも知れない。 しかし、新潟市内はほとんど雪が積もることは無い。 むしろ観光のポイントは水の都というイメージをいかにアッピールするかである。                信濃川暮色_左のビルが新潟県庁  日本海の荒波、港、2本の大河(信濃川と阿賀野川)、点在する潟(佐潟、鳥屋野潟、福…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

35 ドンデン高原 尻立山(2007年7月16日)

 14日から16日の3連休は、かねてから計画していた家族、親戚での佐渡島巡りに出かけていた。 ただ、山歩記の甘納豆、単なる旅行記ではつまらない。そこで計画の中にドンデン高原尻立山(標高940m)のトレッキングもしっかりと組み入れておいた。         朝のドンデン高原(尻立山頂上より俯瞰)  旅行が近づくに…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

6 梁山泊雑感 (2007年1月20~21日)

 次の山行として週末の27日に菱ケ岳、28日は越後白山を予定しているが、少し間があるので梁山泊の続きを書いてみる。                 各画像はクリックで拡大します。  小屋の上部、三角屋根のすぐ下、二階の出入り口の上に“梁山泊”という立派な看板が掛けてある。 誰の字で、誰が掛けたか分からないが、実に落ち着いた暖…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more