テーマ:スキー

6 HAKUBA HAPPO-ONE(2015/2/7~9)

 HAPPOを楽しみ、HAPPOを感じ、HAPPOを極める。 2泊3日で白馬八方尾根スキー場に行って来ました。初日はピ-カンの素晴らしい天気、2日目は雪とガスで視界極めて不良、3日目は寒波と若干の降雪で雪質は最高のコンディションでした。                 巻頭は何と言っても圧巻の白馬三山です。  メンバーは新…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

14 晴天に誘われてninox(2013年3月22日)

 取り立てて紹介するようなレポではないけど、あまりにも二王子岳がきれいだったので。 ninox(ニノックス)は二王子岳中腹の新潟から一番近いスキー場だ。今シーズンのクローズも後数日となった平日、ゲレンデには人影も疎ら、大きくコースを使ってのびのびと遊んできた。                朝の二王子岳、           …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

7 胎内スキー場(2013年2月12日)

 雪だるまの天気予報が続く中、久し振りに曇りの予報。  借用中の山スキーの履き具合を確かめるべく胎内スキー場に行った。  取り立てて書くことも無く、写真を一枚紹介。  これは、飯豊“朳差岳”(えぶりさしだけ)。  最初は見えなかったけど、お昼過ぎに姿を見せてくれた。  このスキー場…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

6 雨の八方尾根明暗(2013年2月2~4日)

 3日間とも天候は優れなかった。雪ならまだしも、初日と3日目は終始雨だった。2月初旬と言えば、冬の真っただ中、一番厳しい時期のはず。雨の八方尾根では全く様にならない風景である。  毎年楽しみにしている八方尾根のスキー合宿、昔一緒に働いていた仲間たちがスキーを介してあちこちから集まって来る。3日間をフルに楽しむ人も居るし、2日で帰る人も…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

11 野沢温泉スキー紀行(2012年2月25、26日)

 今年のキャッチフレーズでしょうか。 !感じる100年!  でも、ここで何を感ずればよいのでしょう?  正直言って、手抜きブログです。 タイトルは立派ですが(それも独りよがりかな?)、次の山行を明後日に控えて、あわてて写真だけを並べて逃げようという魂胆なのです。  ここは、野沢温泉の中心部_冬季の中央バス…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

7 スキー in HAKUBA HAPPOONE(2012年01月28~29日)

 歩くとキュッキュッと鳴るパウダースノー  適度に圧雪された雪面はスキーコントロールも楽にできる  下手でも上手になったような錯覚  生憎の曇天、兎平より上はガスがまとわりついていた  白馬三山、五竜、鹿島槍 ついに姿を見せず。                   兎平から黒菱方面  …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

6 舞子でスキー(2012年1月21・22日)

 舞子は、南魚沼の飯士山(1112m)の北斜面に広がるスキー場です。 長ったらしい名前で“セントレジャー舞子スノーリゾート”と言うのだそうです。 ボケた頭にはとても覚えられません。ま、舞子で十分ですけど。 それでも今一土地勘が湧かない人は、飯士山の南斜面が岩原スキー場、関越自動車道を挟んで向かい側が石打丸山スキー場、越後湯沢で温泉…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

19 閑散とした奥只見丸山スキー場(2011年5月1日)

 昔の職場仲間との恒例の春スキーです。場所はいつもと同じ奥只見丸山スキー場。 計画は、4月30日に銘々丸山にやって来てスキーを楽しみ、夕方合流して、駐車場脇にテントを張って焼肉パーティー。昔はこれを“山賊パーティー”と呼んでいましたが、近年は皆、角が取れ温厚な紳士(好々爺?)になってしまいましたので、最近は和やかな同窓会的な飲み会とな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

10 お湯も、人も あったかぁ~い_野沢温泉村(2011年2月26~27日)

 日本にスキーがもたらされたのは明治44年、今年が100周年に当るという。言わずもがな、新潟県の高田・金谷山(上越市)が日本におけるスキー発祥の地だ。 伝えたのはオーストリア・ハンガリー帝国の将校であり、スキーの名手であったテオドール・エドレル・フォン・レルヒ少佐。 地元では100周年のアニバーサリーを盛大に盛り上げている。 そし…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

5 銀色のシーズン_八方尾根(2011年1月29、30日)

 何か 古いタイトルだなぁ~  “銀色のシーズン”とは、2008年1月にロードショーされた東宝映画の名前です。 若者中心に当時大ヒットしたエンターティメント超大作。 ロケ地は白馬村。 しかし、この頃既に若者達のスキー離れは始まっていたのではなかろうか。 この頃のもう一つのスキー像、シニアの冬遊び “錆びつかな…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

12 3つの楽しみ野沢温泉スキー場(2010年2月27~28日)

 3つの楽しみ。 その1つは本来の目的のスキーです。 メンバーは前の会社の仲間達です。現役の人は勿論ですが、会社が変わった人やOBの人達も加わって賑やかで愉快な集まりです。 毎年スキー合宿と称して、1月末に八方尾根、2月末に野沢温泉、GWに奥只見丸山に参集するのです。勿論、参加は随意です。企画は2泊3日ですが、自分は体力的に2日で…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

4 おニューを履いて胎内スキー場(2010年1月16日)

 先週に引き続いて胎内スキー場で滑ってきた。 全体に曇り空、時々降雪、強風のためそれが横殴りの吹雪となる。 リフトに揺られ谷筋にかかると、吹雪は下から吹き上げて来た。 思わずヤッケの風防をすっぽりと被る。寒かった。手が凍えた。 雪質はやや重いものの、降ったばかりの雪は純白に輝いていた。 圧雪車によってゲレンデは程よく踏み固めら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

11 北信濃野沢温泉(2009年2月28日~3月1日)

 スキーと野沢菜、鳩車のふるさととして古くから人々に親しまれてきたいで湯の里・野沢温泉。恒例のスキー合宿で、職場仲間と一緒に楽しんできました。 合宿とは言っても、日の暮れるまでガンガン滑って、疲れ果てて宿に戻ったのははるか昔の話、今は、スキーを口実に温泉とお酒を交えての年2回(八方尾根と野沢温泉)の親睦旅行のようなものです。 OBの…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

06 有難う八方五十年(2009年1月31日~2月1日)

 今回は勤め先の仲間達と八方尾根スキー場で合宿です。合宿とは言っても一生懸命滑る人は一人も居りません。スキーはそこそこ、アフタースキーの温泉とお酒が楽しみの同好会です。 メンバーも入社間もないフレッシュマンから70歳に手の届くOB(オールドボーイ)までバラエティーに富んでいます。         上部にコブのバーンが広がる八方尾…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

04 ようやくオープン_胎内スキー場(2009年1月18日)

 今年の初滑りは胎内スキー場でした。 週初めまでは、雪が無くクローズ、いつオープンするのだろうかと気を揉んでいました。 新潟市から1時間のこのスキー場、昔から愛着があり、初滑りはここと決めていました。 さしもの暖冬も、さすがにそろそろ居心地が悪くなったのか今週に入ってから寒波と共に雪が降り続いてくれました。 日曜日、晴れ、積雪8…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

16 スキーと温泉_野沢温泉スキー場(3月1日~2日)

 両手に花のような休日と思いきや、体調不良に見舞われて散々な温泉スキー行となってしまった。             麓からでもこんなにくっきり見える妙高・火打連山(2日朝)  風邪気味の身体を「逆療法」とばかりに出かけたまでは良かったが、1日は水平に雪が飛ぶような猛吹雪、視界はせいぜい10mから20mくらい。 薄っすら…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

14 大荒れの胎内スキー場(2008年2月23日)

 朝の内こそ風もそれ程強くなく、曇り空ながらも視界は良好であった。 飯豊の北端にある杁差岳も近くに見え、その真っ白な姿が美しかった。 国設胎内スキー場は背後に雄大な飯豊連峰、眼下には北蒲原の平野が広がっている絶好のロケーションに位置している。新潟市から1時間ちょっとで行ける、下越の人にとって昔から馴染みのスキー場である。 このとこ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

9、八方尾根スキー行(2008年1月26、27日)

 この週末の土日、素晴らしい快晴とまではいかなかったもののまずまずの天候に恵まれ、はるばる信州へ遠征してのスキー行を存分に楽しんで来ました。 場所は、白馬三山が手に取るように見える八方尾根。                   八方尾根からの白馬三山  メンバーは、主に職場の仲間達ですがOBになった方も、他の職場に移ら…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

8、ninoxで初滑り(2008年1月23日)

 ninoxスキー場は二王子岳中腹にある。 新潟からは40分程で行ける近いスキー場である。 この日は、私的な野暮用があるため休暇を取ったが、それも半日で終えることができた。 しからば、スキーの足慣らしにと一番近いスキー場へと足を運んだ。    白い帯のninox。    二王子岳は雲の中。    平日の午後、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more